ヤミ金は身近な問題です・・・

過去にブラックリストに入ったり、年収の3分の1以上の借り入れを制限する「総量規制」のため銀行や大手の消費者金融からは借りることができない・・・。
そうなると、どうしても現金が必要なだけど正規の金融業者で借りられない場合、ヤミ金で借りようかと考えてしまうこともあると思います。
一般的に収入が定期的にある場合、ヤミ金に関わることはまずないと思いますが、そんな人でもギャンブルや風俗などにハマりどこからも借りられない状態になりヤミ金で借りるケースが多くあります。

ヤミ金の辛い悩みやおかしいなと思ったら、ヤミ金に詳しい法律の専門家に相談がおすすめです!
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
相談無料!相談者の立場になって解決までサポート。エストリーガルオフィス

ヤミ金の手口はいくつかあります。
騙される前に、その手口を知っておきましょう。

経営者を騙す手口

経営者の融資は、一般の人と違って200万、300万と融資金額が大きいです。
ヤミ金はお金に困っている経営者の足元を見ます。
そして、融資をせずにお金を取る詐欺を働く場合が多いのです。
「融資をする前に信用を作る為、●●万振り込んでほしい。」
「手数料が必要。」
などと言われたら、ヤミ金を疑って下さい。
信用の為に振り込んだお金を騙し取り、結局融資をしないまま行方をくらますケースが多いです。

主婦を騙す手口

インターネット(携帯サイトなど)で見かけることが多いのですが、年利は最高でも20%と普通の消費者金融と同じなのに「ブラック可」「専業主婦でも審査なし」などと表記してある業者はヤミ金の可能性が高いです。※正規の金融業者は審査が厳しいためこのような表現は使いません。
連絡をとると、巧みな話術で必要な金額、口座番号、住所、夫の勤め先などを聞き出されます。気づいたらサイトに書いてあった金利は嘘で、貸してくれる額も少なく(1〜5万円程度)、もちろん高金利(10日で3割〜5割など)で借金してしまったという場合が多いのです。
ヤミ金は丁寧な言葉や、同情をしたり、話を聞くことで信頼関係を作ります。
中には、貸す前は優しい口調でお金を貸し、返済が遅れると家族にバラす、親に支払わせるなどと脅してくるといったヤミ金もいます。

ヤミ金というと反社会勢力の怖いイメージですが、最近は、電話対応なども最初は丁寧で、身なりもスーツ姿など信用されやすい外見のソフトヤミ金が多いようです。
そのため、借りるまではヤミ金と気づかず、騙される場合が多いのです。
親身になって話を聞いてくれたとしても、聞いたことのない、正規ではない金融業者とは関わらないようにしましょう。
もし借りてしまったのなら早期にヤミ金に対応している法律家に相談することをおすすめします。

ヤミ金の悩みは相談して下さい。一人で悩んでいても借金は減りません。
被害が大きくなる前に、早めに専門家に相談して早期解決を目指してください。
★ヤミ金問題に対応している司法書士
アヴァンス法務事務所 |  ジャパンネット法務事務所 |  エストリーガルオフィス

inserted by FC2 system